コラム

ゲイが出会うには?ゲイの出会い8つの方法

はじめに

恋愛はいつでも自由!というのが今の日本の風潮ですが、自由にできるはずの恋愛もセクシャルマイノリティにとっては自由でない場合があります。ゲイやレズビアンなど、同性愛者をはじめとしたLGBTは、日常生活の中でなかなか相手に巡り会わず、恋愛に発展しないケースも少なくありません。

ゲイが恋愛するためには、自分自身がゲイであることを相手に伝えなければなりません。信頼できる人でも自分のセクシャリティがなかなか説明できない人もいる中、好きな人に自分がゲイであることを上手く伝えられるでしょうか?

そもそも、ゲイはどうやって恋愛相手を探すのでしょうか?ゲイをオープンにしてない人は多く、日常生活の中で出会っていたとしても相手がゲイかどうかは分かりません。好きになった人が同性にまったく興味がなければ、そこで恋愛は終わってしまうでしょう。

ゲイの出会いの方法として、ゲイが集まる場を利用するのがおすすめです。たとえば、ゲイバーやハッテン場、サウナ場、ウリセン、ゲイマッサージのお店など、ゲイが集まる場所やゲイのサービスが受けられるお店も多数存在しています。このような場所に行けば、確実にゲイと出会うことができるでしょう。

また、もっと気軽にゲイと出会いたい!という人には、ネットの活用がおすすめです。出会い系やコミュニティサイト、ゲイアプリ、ゲイイベントの参加など、ゲイが集まるコミュニティも多くあります。このように、今はゲイも自由に出会って恋愛できる環境が十分に整っているのです。

しかし、簡単に出会えるようになっている反面、軽い気持ちでゲイとの出会いを求めてしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もゼロではありません。ゲイと出会いたい純粋な気持ちを売り物にする悪質な人がいるのも事実です。

今回はゲイが出会うための方法や注意点について紹介していきます。恋愛する権利は誰も奪うことはできません。出会いや恋愛をしっかり楽しみましょう。

ゲイが出会う時の注意点

ゲイが出会う方法にはいろいろありますが、どの方法で出会う場合でも注意する点がいくつかあります。中には、過去に一回も恋愛してこなかったというゲイの方もいるでしょう。周囲が思っている以上にピュアな気持ちを持っているゲイもたくさんあります。

相手と出会えると可能性を感じてしまうことや、会った途端に相手から口説かれても好きな人に耐性がないため、その背景にある危険性に気付くことができないケースも少なくありません。何も知らない相手と出会うからこそ、冷静な気持ちを持って相手を判断しなければなりません。

冷やかしやからかいも多い

ゲイの出会いの場はたくさんありますが、中にはゲイを冷やかすことやからかうことを目的に出会いの場にいる人もいます。「なぜ、冷やかしたり、からかったりするのか分からない!」という人が大半だと思いますが、ヒマつぶしやストレス発散など、他愛もない理由で相手を傷つける行動を取る人が多いのも事実です。

実際にそんな場所に遭遇してしまっても、冷やかしだったのかからかいだったのか自分自身は気付けないケースも少なくありません。一方的に惚れて、相手と関係を深めているつもりが遊ばれていた!なんて可能性もゼロではないのです。

どれだけ気を付けていても、このようなトラブルに巻き込まれる可能性はあります。大切なのは、夢中になり過ぎないことです。常に冷静な気持ちを持って相手を判断しましょう。

身バレに注意

自分がゲイであることを隠している人は、ゲイとの出会いを求める中で自分がゲイであることが周囲にバレる可能性もあります。マッチングアプリなどを利用する場合は、自分の現在地をオープンにする必要があり、ゲイとの出会いを求めるサービスを利用していることが家族や会社に知られる場合もあります。

ゲイであることをオープンにしていても、出会い系サイトを利用しているのがバレるのは嫌と言う人もいるはずです。このようなリスクがあることも知っておきましょう。

①ゲイバー

ゲイと簡単に出会える場所の1つにゲイバーがあります。ゲイバーはLGBTだけでなく、一般人の利用も多いのが特徴です。ゲイバーは怖いところではなく、ゲイのスタッフやマスターと話しをしたり、お酒を飲んだりして楽しむ場所です。

ゲイバーが多いエリアと言えば、新宿二丁目が有名ですが、最近は地方にもゲイバーが増えています。

ゲイバーとは?

ゲイバーは基本的にゲイのマスターやスタッフがいるお店ですが、対象となるお客さんについてはお店のコンセプトによって以下の3つに分けられます。

・メンズオンリー
対象としているお客さんはゲイのみ

・ミックスバー
対象としているお客さんはゲイとそれ以外の男女

・観光バー
対象とするお客さんはストレートの男女

ゲイが出会いを求めるために利用するのであれば、メンズオンリーのゲイバーがおすすめです。

ゲイバーのサービス

ゲイバーはドリンクサービスが中心ですが、お店によってはゲイのショーが見られる場合もあります。この場合、ドリンク料金と別にショー料金が設定されているお店もあれば、ドリンクとショーの料金が一体になっているお店もあります。

また、お店によってはマスターや一部のスタッフがゲイであり、他のスタッフはストレートの場合もあります。お店によって受けられるサービスが異なるため、事前に確認しておきましょう。

ゲイバーの料金システム

ゲイバーの料金システムは後払いとなっていて、詳細な金額はエリアやお店によって変わります。また、サービス料金以外にチャージ代がかかる場合もありますが、キャッシュオンデリバリーの料金システムを採用しているお店であれば料金はかかりません。

ぼったくりが気になる!という人もいるかもしれませんが、事前にネットでお店の情報や口コミをチェックしておくと安心です。ゲイバーはどちらかというとゲイ同士でお酒を楽しむような場所ですが、他のゲイのお客さんと仲良くなって関係が深まる場合もあります。

②ハッテン場


ハッテン場はゲイの出会いの場の一つとして知られています。発展場とも言われていますが、男性同性愛者の出会いの場となっています。公共施設を指す場合が多く、公園や駐車場、サウナ、映画館などを指します。

発展という漢字が使われているのは、恋愛や行為に発展するという意味があります。掲示板で募集されている場合や、長年利用されている隠れスポットに口コミで集客されるケースも少なくありません。

マンションの個室やホテル、バー施設などの一室で行われている有料型のハッテン場も存在していますが、有料版の特徴は寝るためだけの入室や他人の行為を鑑賞する目的で利用する人もいます。

ハッテン場の相場

公共施設の場合、野外での交流が基本になるため、料金は無料になっているところがほとんどです。室内のハッテン場については、500円から3000円の施設利用料金を支払い、後は自由に相手を探してプレイができます。

ハッテン場でモテるのは

ハッテン場で出会うためには、自分からアプローチしていくか、相手に誘ってもらう必要があります。慣れている人であれば自分からアプローチするのも簡単ですが、そうでなければ誘ってもらうのが一番です。

ハッテン場に行けば誰でも声をかけてもらえるとは限りません。ハッテン場でモテる男性の特徴は、かわいい系やガチムチ系などです。また、ハッテン場によっては利用に年齢制限がかかる場合もありますが、若い男性ほどモテやすい特徴があります。

ハッテン場の利用で注意すること

ハッテン場の利用で注意する点は、相手によってはしつこくされる場合もあることです。ハッテン場にはいろいろなタイプの人がいますが、ルールを守っている人が大半です。しかし、無料のハッテン場など自由性の高い場所ではしつこく誘われる場合もあります。

相手がタイプでなければ、きちんと「ノー」と意思表示しましょう。また、自分自身もハッテン場を利用する場合はお店のルールをきちんと守ることが大切です。

③サウナ・銭湯


ゲイの出会いの場としてあるのが、サウナ・銭湯です。ノンケが多い一般サウナや銭湯にも、ゲイ専用のサウナや銭湯にもゲイは多く存在しています。銭湯やサウナはハッテン目的の場所ではありませんが、男性が好きなゲイが男性を物色するために利用するケースも少なくありません。

サウナ・銭湯を利用して出会うためには、ゲイの利用が多いサウナ・銭湯を利用する必要があります。一般的なサウナや銭湯だとノンケの人が多いため、こちらから誘っても相手にされない可能性があります。

しかし、ゲイ御用達のサウナや銭湯であれば、利用客の中には相手を探しているケースも多いため、フィーリングが合えばスムーズに出会って関係を深めることができます。

サウナ・銭湯でハッテンしやすい場所

サウナ・銭湯でハッテンしやすいのは脱衣場や体を洗う場所、お風呂まで歩いて行く途中です。入浴中もハッテンしやすいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、入浴しているときはリラックスモードに入っているため、ハッテンするケースは少なくなっています。

しかし、入浴中でも誘ってくる人は誘ってきます。特に誘われやすいのが、ジェットバスやにごり湯などです。足を使用して誘うのがベターですが、自然に足をぶつけて合図を送る人もいれば、積極的に声をかけてくる人もいます。

サウナ・銭湯で注意する点

ハッテン場を兼ねているサウナや銭湯であれば問題ありませんが、一般のサウナや銭湯でハッテン行為を行うのは厳禁になっているケースが多いので注意が必要です。

以前、一般のスーパー銭湯にゲイが集まり、ハッテン場になったことがニュースになりました。他のお客さんにも迷惑をかける行為なので、ルールを守って出会いを求めることが大切です。

サウナ、銭湯を利用して出会いを求めるメリットは、入浴料金だけで出会いが実現できることですが、施設によっては高額な費用がかかる場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

④売り専・ゲイマッサージ


ゲイとの出会いを求めている人の中には、ゲイの性サービスを受けたい!という人もいるかもしれません。リアルな付き合いはそこまで望んでない人や、ゲイとのプレイに興味がある人は、売り専やゲイマッサージのサービスを利用してみるのも良いでしょう。

売り専とは?

売り専は売春を斡旋するサービスですが、男性が男性客を対象に性的なサービスを行うことです。性的なサービスをする代わりに、お金を受け取る仕組みになります。売り専の売りという言葉は、体を売るが由来です。

売春そのものは法律によって厳しく規制されていますが、売春の定義はセックスの有無にあり、アナルセックスは売春に該当しません。そのため、売り専のサービスを利用したからと言って法律違反になりません。

売り専にいるのはどんなタイプ?

売り専にいるのは全員ゲイだと思っている人も少なくないですが、ノンケがたくさんいるのも特徴です。お小遣い目的で体を売ることが多く、それ相応のテクニックが求められています。

売り専で人気なのはマッチョやスポーツ系などで、男らしければ男らしいほど人気があります。ちなみに、ニューハーフや女装子の風俗サービスもありますが、ゲイ風俗とはまったくタイプが異なります。

売り専とゲイマッサージの違い

売り専とゲイマッサージの違いは、何を主体にサービスしているかどうかです。売り専は性サービスが中心ですが、ゲイマッサージはマッサージが中心となっています。

ただし、マッサージを行う売り専もあれば、性サービスを行うマッサージ店もあるので、明確なラインが曖昧なお店も少なくありません。単純に全裸でマッサージしてくれるだけのゲイマッサージもあります。

売り専やゲイマッサージのシステム

基本的に60分10000円や90分15000円など、時間や料金でコースに分けられているのが一般的です。お店によってシステムは異なるので、お店を利用する前にはシステムや料金をチェックしておきましょう。

⑤出会い系・コミュニティサイト


ゲイや男同士でも出会えるサイトやコミュニティサイトも多く開設されているので、これらのサービスを利用してゲイと出会う方法もあります。出会い系サイトやコミュニティサイトは多く開設されているので、それぞれのサイトのサービスや注意点などを比較しながら選んでいきましょう。

大手出会い系サイトやコミュニティサイトでもゲイと出会える

出会い系サイトやコミュニティサイトを利用するなら、少しでも信頼できるサイトを利用したいと思うのが自然です。出会いを目的としたサイトを利用してトラブルに巻き込まれたという事例もあるので、失敗せずに出会いたいですよね。

安心して出会えるサイトなら、大手出会い系サイトやコミュニティサイトの利用がおすすめです。たとえば、ハッピーメールやPCMAXなどの老舗の出会い系サイトでも、ゲイに特化したサービスを受けることができます。

PCMAXであれば、掲示板検索をする時に対象を男性にしてマイノリティに設定するとゲイが探せます。「ゲイとの出会いはゲイ専用のサイトを利用しなければならない!」と思っている人もいるかもしれませんが、フィルター機能を使えば一般的な出会い系サイトでも十分にゲイを探せます。

出会い系サイトやコミュニティサイトを利用するメリット

ゲイとの出会いに出会い系サイトやコミュニティサイトを利用するメリットは、ピンポイントでタイプの相手と出会えることです。

プロフィールや写真をチェックして、気になった相手がいればメッセージを送り、相手から返信があれば、メッセージのやり取りをして関係を深めていきます。

サイト利用の注意点

出会い系サイトやコミュニティサイトを利用する注意点は、サイトの利用でトラブルに巻き込まれるリスクがある点です。詐欺目的で利用している人や冷やかし目的で利用している人がいるのも事実です。

サイトを利用する場合は、サイトの信頼性や口コミなども合わせてチェックしておくと安心して利用できます。

⑥SNS


ゲイが出会う方法の1つに、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどのSNSサービスを使った方法があります。身近に同性愛者がいない場合、相手を探すことも理解者もいない場合が多いですが、SNSで探していけば自分と同じような環境に置かれている人もたくさん見つかります。

いきなり恋愛関係というのはリスクもありますが、SNSの場合は少しずつ交流を深めて関係を発展させられるのもメリットです。ここでは、SNSを使ってゲイが出会う方法やメリット、注意点を紹介します。

SNSを使ってゲイが出会う方法

SNSは実名や、実名に近いサービスとなるため、掲示板や出会い系サイトに比べると匿名性が小さくなっています。SNSを使って相手を探す場合、ハッシュタグを上手に活用するのが良いでしょう。

ハッシュタグにゲイと出会いたい旨や、相手に求めるものを記載しておくと相手から連絡が来る可能性もあります。また、自分からハッシュタグを検索して相手を探すのも良いでしょう。

SNSを使ってゲイと出会うメリット

SNSを利用してゲイと出会うメリットは、出会い系サイトや掲示板に比べると信頼性が高いことです。サクラが紛れている場合もありますが、過去の投稿や友人などからサクラかどうかある程度の判断ができます。

また、SNSを通してゆっくり交流を深め、少しずつ関係を発展させていけるのもSNSの強みです。SNSにはダイレクトメッセージの機能もついているので、メッセージのやりとりをして相手と交流するのも良いでしょう。

SNSを使ってゲイと出会うデメリット

SNSを利用してゲイと出会うデメリットは、自分のセクシャリティが周囲にバレてしまうリスクがある点です。実名や実名に近い状態で利用するため、ハッシュタグを使ってゲイとの出会いを求めていれば、それが知人に知られてしまう可能性もあります。

また、出会い系サイトと違って出会いを求めている人ばかりが利用しているわけではないため、気に入った相手がいても関係が進まない場合もあります。

⑦アプリ

ゲイと出会えるサービスにゲイアプリがありますが、自分が住んでいる地域のゲイや周辺地域のゲイと気軽に出会えるとして人気を集めています。出会い系サイトや掲示板サイトの運営元がアプリで提供しているケースもありますが、アプリ単体で出会いサービスをしている場合もあります。

ゲイアプリのメリット

ゲイアプリのメリットは、いつでも気軽に相手を探せることです。サービスによってはGPS機能を使って、相手や自分の居場所を表示してすぐに出会える相手を探せます。

また、出会い系サイトや掲示板と比較した場合、サービスが使いやすくなっている場合が多いのもゲイアプリのメリットです。利用者はそれぞれ自分のプロフィールや顔写真を掲載し、それを見て気に入った人がいれば連絡をするのが基本的なシステムになります。

すぐにタイプの相手が見つけられるのもゲイアプリの魅力です。

ゲイアプリのデメリット

ゲイアプリのデメリットは、ゲイサークルやゲイ飲み会などリアルな出会いではなく、最初から相手の顔を見ずに交流を深めていく点です。ネットでの第一印象で相手を判断してしまい、自分自身も判断されてしまいます。

また、ゲイに人気の体格やルックスであればすぐに相手が見つかりますが、そうでなければ相手がなかなか見つからない場合もあります。出会いの環境はフェアに与えられていますが、そこから出会いに発展させることができるかどうかは自分次第の部分もあります。

ゲイアプリの注意点

ゲイアプリを使用する場合の注意点は、信頼性の高いアプリを使用する点です。おすすめのゲイアプリは次の通りです。

・9monsters
・Grindr
・Blued

これらのゲイアプリは利用者も多く、ゲイと出会えると評判です。ただし、信頼できるアプリであっても登録の自由性が高いため、サクラや冷やかし目的で利用している可能性もゼロではありません。

アプリを利用する場合は、アプリのレビューをチェックしてトラブルがないかどうか確認しておきましょう。

⑧ゲイ・LGBT関連のイベント


ゲイの世界ではさまざまなイベントが行なわれていますが、ゲイやLGBTが主体で行っているイベントもあれば、ゲイバー主催で行われているイベントもあります。昔からあるのはクラブイベントですが、最近はオフ会やLGBTの婚活イベントなども盛んに行なわれています。

ゲイイベントの参加方法

イベントによって参加方法は異なりますが、事前予約が必要なケースや会員登録制のイベントなどもあります。ほとんどのイベントがパソコンやスマートフォンで簡単にチェックできるため、事前に調べておくと安心です。

クラブイベントは予約が必要ありませんが、混みあう時間帯などは入場までに時間がかかる場合もあり、人気のイベントになると入場規制がかかってしまう場合もあるので注意が必要です。

クラブイベントは入ってしまえば参加できるため、イベントの開始時間よりも少し早めに行って待っておくと良いでしょう。

婚活イベントも熱い

ゲイやLGBTの婚活イベントに参加するのも出会いを実現する方法の一つですが、婚活イベントと聞くと重たいと思う人もいるかもしれません。もちろん、結婚を目的として利用している人も多いですが、友達や恋人探しを目的に利用している人もたくさんいます。

婚活イベントは進行役がいて、場を仕切ってくれるので、自分から声をかけるのが恥ずかしい人でも相手から声をかけてもらえる確率が上がります。

イベントで出会える人の特徴

ゲイイベントに参加し、すぐに相手が見つかる人もいれば、なかなか相手が見つからない人もいます。人によって出会いに差が生じるのは、ルックスや体型もありますが、それ以上に笑顔や親近感が関係しています。

親しみやすい笑顔と柔らかい口調で相手に接していれば、素敵な相手と巡り合える可能性は高まります。

ゲイイベントに参加したい気持ちがあっても、なかなか一歩が踏み出せないと言う人もいるかもしれません。最初のうちは話せなくても良いので、参加して空気に慣れることが大切です。

まとめ


インターネットの普及やネットサービスの進化によって、一昔前に比べてゲイが出会いを求めるのは簡単になりました。ゲイを受け入れてくれる場所も多くありますが、同性愛を特異とする風潮が残る場所もあります。出会いを求める中で、場合によっては傷つくこともあるかもしれません。

また、ゲイの出会いには冷やかしや偏見の目などもあります。その一方で、素敵な出会いに恵まれて幸せな生活を送っているゲイがたくさんいるのも事実です。出会いを実現するためには、出会いに対して積極的にならなければなりません。

ネットを使ったゲイの出会いの方法としては、出会い系サイトやコミュニティサイトなど匿名性が高いネットサービスやSNSのように匿名性が低いネットサービスもあります。また、出会いサイトやコミュニティサイトの利用については、アプリを利用した方が便利な場合もあります。それぞれにメリットやデメリットがあるので、使いやすいサービスを利用しましょう。

リアルにゲイが出会える場所としては、ハッテン場やサウナ、銭湯、イベントなどがあります。これらの方法で出会うメリットは、直接相手と交流を図れることです。ネットでの出会いだと事前に盛り上がって、実際に会ってみるとタイプではない場合もあります。その点、最初から相手を知れるのはリアルな出会いのメリットです。

ゲイのサービスを受けてみたい!という人には、ウリセンやゲイマッサージのお店もおすすめです。ゲイの性サービスに興味があるという理由で利用している人も多く、安全性が高いお店も多いです。お店によってサービス内容やオプションなどは異なるので確認しておきましょう。

このようにゲイと出会う方法は多岐に渡りますが、1つの方法にこだわる必要はありません。いくつか出会う方法を試してみてから自分に合った出会いの方法を見つけるのもおすすめです。出会いにはさまざまなリスクがあるので、きちんとリスク管理をしましょう。

うたたねゲイマッサージ全国ナビはこちら