コラム

大阪のゲイが集まるハッテン公園の口コミ・評判・体験を調べてみた!

大阪にはゲイが集まるハッテン場がたくさんありますが、ハッテン公園は一般人も多く利用している公園なのでルールやマナーをきちんと守って利用する必要があります。

最近はリーズナブルな金額で利用ができる有料ハッテン場も増えていますが、自然な出会いができる公園も依然として高い人気があります。

大阪のハッテン公園にはどのような場所があるのでしょうか。
また、ハッテン公園の口コミ、評判、体験なども合わせて紹介していきます。

淀川河川公園西中島地区野球場

大阪府大阪市淀川区にある公園で、平日・休日問わず多くの人が散歩して利用しています。
家族連れも多く見かける公園でほのぼとした雰囲気が魅力的なところですが、淀川の河川敷はゲイのハッテン場として栄えた場所でもあります。

今では淀川の管理が厳しくなったこともあり、昔ほどハッテン行為は行われなくなりました。
またハッテン行為を行う場所は公園内ではなく、野球場と川の中間地点になります。

このエリアは草が目隠しになりますが、ホームレスや野犬なども多くいるので利用については注意する必要もあります。

住所 〒566-0043 大阪府大阪市淀川区西中島地先

荒木西公園

荒木西公園は大阪府東大阪市に存在している女装ニューハーフ出会いコミュニティースポットで久宝寺緑地公園の近くに位置しています。
出会いメインの公園として人気がどんどん上がっていましたが、2017年頃からハッテン場として利用する人が減っています。

このエリアの警備が厳しくなったことや露出している人が逮捕されたことなどが衰退している理由ですが、今でも夜中になると相手を求めてやってくるゲイや掲示板の待ち合わせ場所として利用されるケースも多くあります。

住所 〒577-0024 大阪府東大阪市荒本西2丁目2

扇町公園

扇町公園は、JR大阪から歩いて20分くらいのところにある公園で天満の近くに位置しています。
現在もハッテン場として利用しているゲイが多く、このエリアでは有名なハッテン公園として人気です。

夜中になるとトイレでハッテン行為が行われていることもありますが、昔に比べると警備などの規制が厳しくなったことでリアルなハッテン行為は減りつつあります。

住所 〒530-0025 大阪府大阪市北区扇町1丁目1−21

寝屋川公園

大阪のハッテン公園として有名なスポットの1つですが、芝生の公園や中央広場などさまざまなエリアがあります。
ハッテン場所として人気があるのは、テニスコート近くにあるトイレです。

公共施設なので激しいプレイはNGであるものの、夜になると人気が少なくなるのでハッテン行為しやすく人気があります。

住所 〒572-0854 大阪府寝屋川市寝屋川公園1707

住吉公園

住吉公園は大阪で一番古い歴史を持っている公園ですが、ハッテン場としても歴史があります。
オールジャンルのゲイが集まっていますが、女装やニューハーフなども多くいるのが特徴です。

最近はスマホゲーム目当てで利用しているストレートの男性も多いので、掲示板などを利用しておくことをおすすめします。
公共のエリアになるので利用する際にはマナーを守りましょう。

住所 〒559-0002 大阪府大阪市住之江区浜口東1丁目1−13

大阪のハッテン公園の口コミ、評判、体験について

住吉公園を利用してみました。
専用掲示板があるので自分の属性やタイプを事前に書き込んで利用しましたが、ストライクな相手と無事に出会うことができました。
一般の人も多く利用しているので掲示板は絶対に利用した方が良いです!

淀川河川公園西中島地区野球場で掲示板を使って待ち合わせをしました。
タイプの人と出会うことができてよかったです。
ちょっと場所が荒いのが気になるところですが。。。イイ感じでした。
ただ、掲示板を利用しないと出会える可能性は低そうです。

大阪のハッテン公園は実在していますが、以前のようにそのまま公園に向かって出会える可能性は低くなっていて、掲示板を利用するのが一般的になっています。

ハッテン公園と呼ばれる公園は基本的に一般の人も多く利用している公園になります。
ハッテン場として利用されていることを知らない人が大半です。
過去にはトラブルになっている公園もあるので、ハッテン公園として利用するならルールをきちんと守って利用しましょう。

うたたねゲイマッサージ全国ナビはこちら