ゲイアプリ

ゲイ出会いゲイアプリとしても使える!TINDERを完全攻略してみた!

ゲイ出会いで人気急上昇中なのがTINDER(ティンダー)です。
世界一のマッチングアプリとして知られていますが、本当に出会えるアプリと言われています。

TINDER(ティンダー)を使ってリアルな出会いはできるのか?
どんな機能があるのか?
安全性は高いのか?

など、これからTINDER(ティンダー)を使おうと考えている人の中には疑問や不安も持つ人もいるでしょう。

そこで今回は、ゲイの出会いにアプリとして人気のTINDER(ティンダー)を完全攻略するためのポイントを紹介します。

TINDER(ティンダー)とは?

TINDER(ティンダー)は2012年から運営をスタートしたマッチングアプリで、大手SNSのフェイスブックをベースにしています。
フェイスブックは顔や名前を出して利用するのが基本的で、SNSの中でも特に信頼性が高いサービスです。

そのため、TINDER(ティンダー)は身元がしっかりしていて信頼性が高いアプリとして人気を集めています。
過去には非ゲームアプリとして売り上げが2年連続で2位になるなど、マッチングアプリの中では圧倒的なシェアを誇っています。

ゲイの出会いで使用されることも多いのでゲイアプリと認識している人も多いですが、女性や男性のマッチングアプリとしても使われおり、ゲイ専用のアプリではありません。
しかし、属性を入力することでゲイのみをターゲットにした出会いも可能です。

TINDER(ティンダー)を利用するためには

TINDER(ティンダー)には「無料会員」、「プラス会員」、「ゴールド会員」の3つの種別があります。
無料会員でもアプリを使ってメッセージのやりとりができるので十分に出会うことは可能です。

しかし、月額1100円のプラス会員や月額1700円のゴールド会員になると、さらに多くの機能が使えるようになるのでマッチングの確率を大幅にアップできます。
登録種別は後から変更することもできるので、まずは無料会員で登録をしてから有料会員に変更するのも良いでしょう。

アプリの利用について厳しい制限や審査はなく、18歳以上であれば基本的に誰でも利用できます。

TINDER(ティンダー)を利用している人の特徴

TINDER(ティンダー)はノンケも利用しているマッチングアプリなので、世界中のさまざまな人が利用しています。
異性の恋人を探している人もいれば、同性の恋人や友達を探している人もいます。

一般的なマッチングアプリであるにも関わらず、ゲイが出会えるアプリとして人気が高いのは、アプリがゲイ同士のマッチングにも力を入れているのが理由の1つです。
プロフィールや属性にゲイと記載しておくと自然にゲイとのマッチング率もアップします。

また、ゲイの出会いを求める理由についても本気の恋愛や結婚など真面目なケースや、遊び目的で利用している人もいます。
自分自身が何のためにTINDER(ティンダー)を利用しているかどうかもプロフィールなどに記載しておきましょう。

TINDER(ティンダー)の機能

TINDER(ティンダー)は一般的なマッチングアプリと同様に、

・GPSを使ったマッチング機能
・メッセージのやりとりができる機能
・気に入った相手にいいねを送る機能

などの機能が搭載されています。

また、これらの機能とは別に、同性愛を違法としている国に旅行した場合に同性愛が違法かどうかを知らせてくれる機能も搭載されています。

同性愛に対する捉え方は国によってさまざまで、歓迎している国もあれば死刑になるような国もあります。
このような機能が搭載されているのは、TINDER(ティンダー)のGPSマッチング機能を利用すると海外でも簡単にゲイと出会えてしまうためです。

外国でのマッチングを希望する場合は、同性愛が禁止されているかどうかを確認しておきましょう。

TINDER(ティンダー)で出会うためのコツ

TINDER(ティンダー)で出会うためには以下の3つのコツがあります。

とにかくいいねをする

TINDER(ティンダー)でマッチングするためには相互いいねが必要となります。
お互いがいいねをしないとメッセージのやり取りができないので、自分からどんどんいいねを送ることがマッチングの近道です。

有料会員になる

有料会員になると自分にいいねをくれた相手を確認することができます。
また、無料会員だと1日240回のいいね制限がかかりますが、有料会員になることで制限がかからなくなります。

プロフィールを充実させる

TINDER(ティンダー)に限らず、マッチングアプリはプロフィールをいかに充実させるかどうかが重要です。
「なんのためにアプリを使っているのか」、「どんな趣味があるのか」などは欠かさず書いておきましょう。
写真は笑顔で清潔感があるものが望ましいです。

これらのポイントを押さえてTINDER(ティンダー)を活用しましょう。

TINDER(ティンダー)の注意点

TINDER(ティンダー)は出会えるアプリとして人気がありますが、厳しい審査がなく誰でも気軽に利用できることもマッチングの確率をアップさせています。

しかし、気軽に登録して使える環境は業者の利用を増やす原因にもなっており、実際に利用していると業者からいいねやメッセージが来ることも少なくありません。
相手のプロフィールをこまかくチェックして業者に騙されないように注意してください。

TINDER(ティンダー)の口コミ

ここでは、TINDER(ティンダー)を実際に使った人の口コミを紹介します。

さすが世界を代表するマッチングアプリで国内でも海外でも簡単にゲイとマッチングできました。
LGBTのマッチングにも力を入れているアプリなので安心して利用できますよ。
確実に出会うなら有料会員がおすすめです。
プロフィールや性別欄などでゲイと記載しておかないといろいろな人から連絡がきます。

マッチングアプリは初めての利用ですが、登録や使い方がとても簡単でよかったです。
有料会員の方が使える機能は多いみたいですが、私は無料会員でも出会うことができました。
初心者でも使いやすいアプリだと思います。

など、出会えたという口コミが多くありました。
また、登録や使い方が簡単で初心者も利用しやすいアプリと好評です。

まとめ

世界一のマッチングアプリと言われるだけあってTINDER(ティンダー)を使って出会いを実現させているゲイはたくさんいます。
ゲイ専用のアプリではないものの、世界中のゲイと気軽に出会えるのが魅力のアプリです。

有料会員の方が使える機能は多いですが、無料会員でもマッチングしているという口コミもあります。
TINDER(ティンダー)で出会うためには、いいねやメッセージ機能をどんどん活用して相手との交流を深めていきましょう。

出典:https://tinder.com/

  • 当サイトに掲載されている画像などの著作権は各権利者に帰属します。
  • 価格が記載されている場合は、記事配信日時点での税込価格です。
  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。詳細については各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
RELATED POST