コラム

香港おすすめゲイバー・クラブ6選の口コミ・評判や体験談まとめ

FLM

「香港を代表するゲイクラブで、週末の深夜にも店内はかなり混雑していることもあるので利用する前にはお店に確認を取らせてもらっています。オシャレでイケメンな香港男性がたくさんいて、クロークはお店の中にあるので荷物を預けて思い切って楽しめます。」

「店内はとても賑やかでゴージャス。土曜日の23時以降は入場料別途100ホンコンドルが必要になるので、少し多めに用意して利用した方がいいですよ。オールジャンルの利用がありますが、カラオケやバリアフリーなどはありません。クレジットカードが使えて、英語や中国語などに対応しています。」

ZOO

「上環にある人気のゲイバーで、角地にあって気軽に入りやすい感じ。19時30分から21時頃まではハッピーアワーとなるので、一杯分のドリンク代で二杯分の注文ができます。近隣には他にも数多くのゲイクラブやバーがあり、週末になるとゲイが目立っています。」

「オシャレな人が多いかと思っていましたが、日本のゲイバーと同じようにTシャツや半ズボンでも全然浮かないので大丈夫ですよ。ドリンクが1杯1000円から1500円ほどかかるので、広さは16畳とかなり広い。客層はアジア系がほとんどで筋肉ある子が多い印象を受けました。音楽はそこまでうるさくなく、踊るような雰囲気ではないかな。」

WINK

「香港でとっても人気のゲイバー。日本語ができるスタッフもいるので、日本人の利用者もちらほら見かけますよ。筋肉がムキムキで体がしっかりしている人が多く、ゲイ好きにはたまらないのでは。ゲイバーの中にもいろいろなタイプがありますが、このお店は誰でも利用しやすい感じ!」

「香港でゲイバーに行くならこのお店をおすすめ。みんなノリが良く面白くてあっという間に時間が過ぎます。ゲイバーを利用したことがない人でも安心して楽しめますよ。リーズナブルな金額で遊べるのも良し。最高の時間を過ごすことができるはずです。いつも楽しい時間をありがとうございます。」

Boo Bar

「香港で数少ないクマ系が集まるバー。お店のスタッフさんもクマ系が多く、お酒の種類はスタンダードドリンクや漢方系が多い感じです。個人的にはドリンクが気に入っていて、スペシャルドリンクを始め、バリエーションがとっても豊富。お客さん同士の交流も盛んに行なわれている感じでした。」

「九龍の賑やかな街並みが一望できる!ピークは24時頃からで、お客さんの9割はゲイ。19時から21時まではハッピーアワーでドリンクは一杯一杯無料!いろいろなドリンクが楽しめますよ。香港のゲイバーの中では、日本人の利用客がわりと多いです。ゆっくり時間が流れます。」

BackYard Bar

「ヴィクトリア・ハーバーなど、香港の観光地にお店を構えている10代や20代に人気のバー。ボックス席やカウンター席に分かれ、カラオケやダーツ、スタッフとの会話を楽しめます。カラオケはドリンク1杯で注文すれば歌い放題!店舗の入り口に設置された操作盤で入力すると簡単にできますよ。」

「ドリンクメニューだけでなく、フードメニューもかなり充実。フライドポテトや手羽先などもありますよ。貸切パーティールームもあるので、友達同士で旅行するなら貸し切って遊ぶのもいいですね。客層はオールジャンルですが、年代は10代から20代の若い世代が多い印象を受けました。」

兵兵 Bing Bing

「香港で人気があるゲイバー。2017年からはブランド名を変更してオープン!週末の深夜にもなればお店は混雑していることが多く、オシャレなイケメンたちがたくさんいます。お店のラグジュアリー空間や大きな窓から見える素敵な夜景は香港に来た感じがします。夜景が楽しめるボックス席は特に人気!」

「オールジャンルのゲイが集まる香港で熱い場所。年代は20代から40代の若い世代が多い感じですが、それ以外の年齢層の人も利用して問題ないです。夜景が楽しめるボックス席に関しては人気が高いので、早めの来店をして席を取っておく必要があります。イベント情報はSNSで」

  • 当サイトに掲載されている画像などの著作権は各権利者に帰属します。
  • 価格が記載されている場合は、記事配信日時点での税込価格です。
  • 掲載店舗や施設の定休日、営業時間、メニュー内容、イベント情報などは、記事配信日時点での情報です。新型コロナウイルス感染症対策の影響などにより、店舗の定休日や営業時間などは予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。詳細については各店舗にご確認いただきますようお願いいたします。
RELATED POST